2016年11月05日

ポータブル液晶モニタ LCD1015 レビュー

ADTECHNO(エーディテクノ)のポータブル液晶モニタ「LCD1015」を買ったのでレビューします。

kon0.png

【公式サイト】
http://www.ad-techno.com/products/monitor/LCD1015/

Amazon
【10.1型 業務用液晶ディスプレイ LCD1015】
http://amzn.to/1qdZgZs

目的はスイッチャーのプレビュー用途。

1280x800なのでフルHD対応ではありませんが、ダウンスケーリングで問題無く表示してくれます。

業務用という事もあり、入力端子は充実しています。
HDMIやDVI-DやVGAなどの各端子は、このテのポータブル液晶モニタにありがちなマイクロやミニ端子ではなく標準端子仕様です。

そして特筆すべきは低重心のスタンドです。

このスタンドは倒れにくいというメリット以外にも、様々な高さや角度に変えられるので、非常に便利です。
このスタンドだけVESAマウント仕様にして別売して欲しいです。

欲を言えば90度回転出来るともっと嬉しいのですが、流石にそこまでは出来ません。

因みに解像度的には、16:10なので、16:9をアスペクト比維持で表示させると上下に黒帯が表示されます。

IPSなので視野角的にも問題ありません
最近はIPSでも視野角が怪しいものも見かけるのですが、これはそんな事はありません。

なかなか素晴らしいものを買ったなぁと思いきや大問題がありました。

それは、発色の悪さです。

まず、色の滲みが大分あります。赤を表示してると特に気になります。
軽減しようとして彩度を下げると、滲みは減りますが当然彩度は下がって色の濃さは薄くなってしまいます。

それでも滲みの件はまぁ調整次第で妥協出来なくはないのですが、もっと巨大な問題として、青(Blue)の表示がかなりアウトです。

具体的には、青ではなく緑に近い発色になります。
青の発色が、青と緑の中間みたいな色味です。

要は、青いものを映しているのに、ビックリするほど緑色に映ります。

1101Hと比較するとこんな感じです。
(左側の方は照明が暗いので色が暗く見えますが単一色(水色)を表示しています)

kon.png

そもそも液晶パネル的に青の色味がオカシイので、いくら調整してもマトモな青を表示させる事は出来ません。

これは厳しいですよ。

折角、入力端子が充実していて、スタンドも安定感あって素晴らしいのに、発色がダメダメです。

このモニタは画面が映っているかどうかを確認するレベルのもので、色味や画質を調整する為のモニタではないのですね。

逆に言うとそういった用途(画面が映っているかどうかをチェックする為のモニタ)であれば実用的と言えなくもないですが、それにしては実売3.8万円は安いとは言いがたいです。

ポータブル液晶モニタは、これまでにも、On-Lap 1303Hや1101H等を買って使っていますが、発色的にはそれらの中でもダントツに悪いです。

1303Hは若干暖色寄り、1101Hは若干寒色寄り、LCD1015は青が激しく緑寄り。
という感じで、なかなか「これだ!」というポータブル液晶が存在しないのが悩み所です。
(私的に最もマシで実用的だと思えるのは1303Hです)

【On-Lap 1303H】
http://amzn.to/1MPKn4o

【On-Lap 1101H】
http://amzn.to/1YK32Jq

まぁオカネがあるのなら良いモニタはありますけども。
放送局などで据え置きで使うならまだしも、現場に都度持ち込みで使うには高価過ぎて破損事故が怖いです・・・。

【SONY LMD-A170】実売約30万円。
https://www.sony.jp/pro-monitor/products/LMD-A170/

後は自作という手もありますね。

【SHARP 7インチ高精細IGZO-LCDパネル 接続モジュールセット】
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-10016/

【IGZOパネルエンクロージャ】
https://shop.emergeplus.jp/igzo/

あぁ、あとLCD1015はグレア液晶なので表面がテカテカです。
私はウッカリティッシュで拭いてしまい、細かいキズがついてしまいました。

なので、保護フィルムとかを貼って使った方がいいかもしれないです。
posted by dtmz at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする