2018年05月08日

datavideo DAC-70 購入レビュー

以前、datavideoのDAC-70国内代理店から借りて性能テストをしたブロク記事を書きまして。

【datavideo DAC-70 レビュー】
http://dtmz.seesaa.net/article/434358435.html

その時に、性能はいいんだけど、HDMI入力端子の切り欠きが狭くて殆どのHDMIケーブルがちゃんと奥まで差し込めない。という所と、国内代理店だとお値段が跳ね上がり過ぎるという所が欠点だ。と書いたのですが。

この度、それらが解消されたのでご報告致します。

まず、お値段ですが、国内の正規代理店流通で買うと、大体10万円位します。

【datavideo DAC-70(日本)】
https://amzn.to/2rsUZo9

じゃぁ海外の通販サイトで買おうなどと思っても、これまではamazon.comやB&Hではエラーが出て買えませんでした。

ところが最近、amazonがグローバル配送に正式対応したという事で、日本に発送する商品が大幅に拡大していて。
このDAC-70も買える様になっていました。

【Datavideo DAC-70(海外)】
https://amzn.to/2jHxEek

お値段は送料込みで $547.21(61,018円)で買えました。
配送は10日かかるという表示でしたが、実際には10日で届きました。
海外通販の安価な送料での納期としては早い方なので、amazonは何か早く処理出来る様にしているのでしょう。

次にHDMIの切り欠きが狭い件ですが、実はこの問題はコッソリ改良されています。

【改良前】
dac70b.png


【改良後】
dac70c.png


見て分かる通り「MODE SELECT」と「HDMI OUT」の間が狭くなっていて、そのぶん切り欠きが広くなり、HDMIコネクタにしっかりと奥まで差し込める様になっています。
これは、HDMI OUT端子側ですが、HDMI IN端子も同様です。

折角改良したのだから、公式サイトで告知すればいいのに、何も告知されてないという事は、告知してしまうと過去に買った人への保証もしなければならなくなりそうだからという事なのかもしれません。

似たようなデバイスに、VideoPro(MEDIAEDGE)のVPC-MX1というものもありますが、VPC-MX1の方は無理やりマルチ入力コネクタ仕様にしてしまったおかげで、DSub(VGA)信号を接続した際に、自動的にネゴシエーションしない(映像出力デバイスから映像信号が出力されない)場合があるという問題があります。

【VPC-MX1】
https://www.mediaedge.co.jp/product/vpc-mx1/

DAC-70は、ちゃんとHDMIとDsub端子が別個にあるので、そういった問題は無く、Dsub(VGA)信号も接続しただけで自動的にネゴシエーションしてくれます。

という訳で、現在おそらく地球上で最も安定して確実に動作してくれる映像変換器「DAC-70」お勧めです!

Dsub(VGA)信号をSDIやHDMIに確実に綺麗にコンバートしてくれるデバイスは、高額な映像スイッチャーなどを除けば、DAC-70だけじゃないかと思います。

Dsub(VGA)からの変換器は、大抵左右のどちらかに数ピクセルずれるのですが、DAC-70であればUSBでPC接続してコントロールツールからズレを補正する事も出来ます。

海外通販で買うと、当然日本代理店での保証対象にはならないので、もし故障した場合は、自力で海外に連絡を取る必要がありますが、そういった事に抵抗が無い人であれば、amazon.comで買うのが安くて良いと思います。

と言うか、日本代理店にはもっと適正な価格で売って欲しいですね。
海外通販で買う人が増えてしまうと困ってしまうのは日本代理店だと思う次第です。
posted by dtmz at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする