2018年05月20日

On-Lap 1503H モバイルモニタレビュー

Gechicの15インチのポータブルモバイルモニター「On-Lap 1503H」を買ったのでレビューします。

【On-Lap 1503H 15インチ IPSフルHDモニタ】
https://amzn.to/2rWdi5r

まずは、よくホームセンターで売っている「フタ付ハードコンテナ #45」に入るかどうかチェックです。

01.png

・・・ちゃんと入りました。
まぁ事前にサイズを見て「入る!」と確信して買っているのではありますが。

このコンテナボックスに入らないと「現場に搬入しにくい」という事になって話が先に進まないのです。

他の機材等を運搬するのと同じ箱に入れられるという事は、重ねて運べるという事であり、持ち込み機材を扱う上で多大なるメリットがあるのです。

もっと大きな他のサイズの梱包箱に入て運ぶ事になると、これだけイビツな形になるという事であり、
重ねて運べない→運搬中に安定しない→崩れて落下等の事故が発生しやすい
という事になるのです。

そもそも、運搬箱が特殊サイズになっても良いのなら、何もわざわざ高価なポータブルモニターなんて使わないで、もっと安価な21インチモニタを使えばいい訳で。

些細なことかも思われるかもしれませんが、同業の方々になら分かってもらえると信じています(笑)

という訳でまずはサイズからレビューします。

02.png

スタンド込みでの厚みは、1303Hとほぼ同じです。

因みに1503Hにも1303Hと同様に保護カバーがありますが、1303Hの様にカバーにスタンドがついているのではなく、モニタ本体にスタンドがついています。
1503Hを使う時は、カバーを外してどこかにしまっておかないといけませんので、ちょっと面倒です。


縦サイズは1303Hよりも少し大きい程度です。
06.png


横サイズは1303Hよりも普通に大きいです。
07.png

1303Hはとにかくベゼルが広すぎるという欠点がありましたが、おかげで1503Hになっても現場でのサイズ的な取り扱いストレスは、あまり変わりません。

重さは1303Hよりも200g位重いです。1303Hは軽い印象でしたが、1503Hはちょっとズシッと来る重さです。

保護カバーを取り外す時には手が滑って落下させてしまわない様に注意が必要かもしれません。

接続はこんな感じになります。
03.png


上がMicro HDMIで、下が電源供給用のUSB TypeCコネクタです。
電源供給用のUSBコネクタが、Micro USBではないので同梱ケーブル以外で使用する場合は注意しましょう。

動作電圧は、1303Hと同じ5V2Aです。
同梱の電源供給用USBケーブルは電力が足りない時の為に二股ケーブル仕様になっています。

試しに1AのUSB-ACアダプタを繋いでみましたが、映像が寸断しまくったので、2Aは無いと安定した動作は望めない様です。
USB2.0だと規格上は1ポートあたり500mAですから、二股ケーブルを両方差し込んでも安定動作しないかもしれません。

因みに私は普段5V2Aのコレ↓を使っています。
コンセンント部が埋込み折りたたみ式なので運搬する時に他の機材に傷がつかないので便利です。

【iCharger USB電源アダプタ 2A】
https://amzn.to/2rWdUrL


04.png
コネクタの山の向きは↑こうなっていますので、私の様に背面側にケーブルが出る様にする為に、L型変換コネクタを買う人は参考にしてみてください。

山の向きの仕様としては1101Hと同じです。

私は、HDMIケーブルは以下のものを繋いで1本にして使用しています。

【HDMI直角変換ケーブル 0.15m DD-015A】
https://amzn.to/2rW96Sw

【エレコム microHDMIケーブル 2.0m】
https://amzn.to/2GxCjbN

当初は↓コレを使っていたのですが、コレは非常に断線トラブルが多かったので使うのをやめました。

【Micro HDMI 変換ケーブル L型 2m】
https://amzn.to/2Lhfxsg

あと、USBケーブルの方はコレを使用しています。

【L型充電ケーブルSW (2m) 】
https://amzn.to/2Iw0xsG
※Switch用ですが問題なく使用出来ます。

尚、底面に三脚穴などが開いている様な事はありません。
08.png


まぁこのサイズのモニタを三脚に立てたいと思う人は少ない気がしますが。

そして表示品質ですが、これに関しては全く申し分ありません。

1503H、1303H、1101Hを3つ並べるとこんな感じです。
05.png


うっかりお仕事の動画を表示してしまってたのでボカシを入れましたが、それでも1303Hの発色の悪さが目立ちますね。

1503Hのがデフォルトの表示品質は、1101Hに近く、やや寒色寄りです。

色味の調整機能も必要充分なので、理想の色味に近づける事は容易です。

ポータブルモニタっていうと、cocopar製品が対抗馬で数多く存在していますが、cocoparのモニタは色味の偏りが激しく、調整機能も乏しいので、理想の色味にする事は結構難しいというか無理です。

Gechic製のポータブルモニタは値段が高いと批判される事も多い様ですが、高いだけの事はあると思います。

さすがに最初に発売された1303Hの発色性能だと現状では厳しいですが、1101Hや1503Hであれば値段なりの事はあると思います。

ざっくりとした映像状態が分かればいい様な単なるプレビュー用途であればcocopar製
きちんと映像品質を確認出来ないと困るシビアな用途では1503Hという風に使い分けるのがコスト的に良いかと思います。

一応気がついた問題点は、1503Hは既に出荷ロットで微妙に中身が違っているものがある様で、複数の1503Hを接続したり外したりしていると、サウンドのプロパティに1503HのHDMIオーディオが2つデバイスぶん認識表示される事があります。
99.png

この状態で、違う個体の1503Hに接続を変更したりすると、表示は問題なく行われるのに、1503HのHDMIオーディオは以前の個体が選択されているままになる事があります。

そして、その状態でオーディオや動画を再生しようとすると、エラーが表示されます。
また、動画を再生しようとすると、再生し始めは問題無いですが、一旦再生を中断して、再開させようとすると、動画再生が止まったり、再生再開に10秒位の時間を要したりします。

とにかく、過去に複数の1503HがWindows側に認識されてしまっていると、HDMIオーディオが正常に切り替わらなかったり、以前接続した個体の1503Hに切り替わってしまったりする事があるので、使用する予定の1503Hの接続をテストし終わったら必ずサウンドのプロパティで、配信に使うオーディオデバイスが既定のデバイスになる様に設定しておいた方が良いと思います。

まぁ複数の1503Hをとっかえひっかえする事もあまり無いでしょうし、あったとしても回避策はハッキリしているので、特に大きな問題ではないと思います。

という訳で、1503Hはお勧めです!!買いましょう!

【On-Lap 1503H 15インチ IPSフルHDモニタ】
https://amzn.to/2rWdi5r
posted by dtmz at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする