2016年11月07日

LENKENG HDMIエクステンダー LKV375-100レビュー

以前に、HDMI延長器(エクステンダー)のLKV375をレビューした事がありました。

【過去記事:LENKENG HDMIエクステンダー LKV375レビュー】
http://dtmz.seesaa.net/article/428121981.html

LKV375のレビュー結果としては、なかなかに素晴らしかった訳ですが、この度そのLKV375の100m延長可能版として、LKV375-100が発売されていたので買ってみました。
http://www.lenkeng.com/ProductDetails_LKV375-100_110.html
(AliExpressで買って届く迄に18日かかりました)

1.png

2.png

中身はこんな感じになっています。
(左が送信機で右が受信機です)
LKV375-100
3.png

LKV375
4.png

LKV375は最大延長可能スペックは70mですが、LKV375-100の方はその名の通り100m迄延長出来るという事になっています。

果たして、本当に100m延長出来る様になっているのか?
検証してみました。

今回使用したLANケーブルはELECOMのカテゴリ7のSTPケーブルです。
http://amzn.to/2dy3C83

このケーブルはカテゴリ7のSTPケーブルでありながら撚線仕様なので割と柔らかく、取り回しが良いので現場でも良く使用しています。

ただ、長さが最大20mのものしか売ってないので、20mのケーブルを5本、15mを1本、10mを1本、5mを1本使って、5m単位で伝送長を検証します。

LANケーブル同士は、シールド部分も接続される仕様の延長アダプタ(JJ)を使用して延長しています。
【Ugreen RJ45 LANケーブル用中継コネクタ】
http://amzn.to/2fgkeT0

伝送する映像はノートPCの1080p映像です。(プログレッシブ60fps

【検証結果】
LKV375-100m [HDBaseT]
最大延長可能カタログスペック:100m

100m→映らない
95m→映らない
90m→映る瞬間もあるがほぼ映らない
85m→映るけどたまに寸断
80m→映る。

LKV375 [HDBaseT Lite]
最大延長可能カタログスペック:70m

100m→映らない
95m→映らない
90m→映らない
85m→映る瞬間もあるがほぼ映らない
80m→映るけどたまに寸断
75m→映る

検証結果として、LKV375とLKV375-100の伝送可能長は、5m程度の差しかありませんでした。
(因みにLKV375もLKV375-100もHDbitTデバイスの様に画質が劣化する様な事はありません

LKV375の方はそもそも70m迄しか伝送出来ない仕様なので、75m迄伝送可能という結果は申し分無いのですが、LKV375-100の方は100m伝送可能な仕様なのに、80m迄しか伝送出来ません。

ただ、今回はLANケーブルを長くする為に、延長アダプタ(JJ)を使用しているので、当然伝送距離は短くなります。

私のこれまでの経験から、延長アダプタ(JJ)1個につき5m位は伝送可能距離が短くなります。

例えば、LKV375-100を85mで検証する時には、JJを4個使用しているので、伝送可能距離は20m短くなる事になり、リアル長が85mであっても実質105mとなりますから、伝送出来なくてもおかしくはありません。

おそらく、JJを使わずに単線タイプのSTPケーブルを使えば、100mでも伝送出来るのだと思いますが、そんなケーブルは入手性も低いですし、固くて取り回しも悪すぎるので、現場に持ち込んで使う事はまず無いですが。

ただ、それで言うとLKV375の方では、JJで延長しているにもかかわらず、リアル長で75m迄伝送出来ている(使用JJは3個なので実質90m)というのは、かなり優秀な結果という事になります。

LKV375が$95で、LKV375-100が$146ですから、値段差はそこそこあり、延長可能距離が5m程度しか違わないのであれば「LKV375でもいいジャン!」と思うかもしれませんが・・・

ちょっと待ってください!!!

確かに延長可能距離は5m位しか違いませんが、LKV375-100には素晴らしい付加機能があるのです。

それは、

PoH(Power Over HDBaseT)に対応している。

という所です。

HDBaseTでは映像データ以外にも、色々なものが伝送出来る様になっていて、何が伝送出来るかは売られているデバイスによって違うのですが、PoH伝送に対応しているものは、電源を伝送出来るのです。

つまり、送信機側か受信機側のどちらか片方にさえ電源を繋いでいれば、両方とも動作するのです。

これは便利ですよ!!

大抵の現場では、受信側で電源を確保する事は出来ますが、送信側ではビデオカメラだったりステージ上のノートPCだったりと、電源が確保出来ない環境である事が多いのです。

その為、これまでは送信機を動作させる為に無理矢理電源を確保したり、そうでなければ別途バッテリーを使用する必要がありました。

LKV375-100であれば、PoHで電源が供給されますから、頑張って電源を確保する必要が無くなります。
送信側の感覚的には、SDIケーブルを直接接続しているのと変わらないです。

Rolandの送信機(HT-TX01)と受信機(HT-RX01)で9万円もするやつでもPoHには非対応ですから、このお値段でPoH対応というのは素晴らしいです。

あと、些細な違いではありますが、LKV375-100の方が半分位の軽さになっています。
中身の重さはあまり変わっていませんが、筐体の鉄板の素材が軽いものに変わっています。
ただ、それで別段脆くなっているという感じは無いです。

それと、このテのデバイスは受信機側が熱くなりがちですが、LKV375-100の方が10度くらい低く動作します。

LKV375では55度まで上がったので、別途ヒートシンクをくっつけて使用しているのですが、LKV375-100は上がっても45度程度までなので、そんな対策も不要です。

【過去記事:LKV375の熱対策】
http://dtmz.seesaa.net/article/430297176.html

蓋を開けて中を見てみた所、LKV375-100の方がヒートシンクが大きくなっていました。(上の写真参照)
あと、基板の下側にはLKV375もLKV375-100も放熱素材がくっついているのですが、LKV375-100の方には天板側にも放熱素材がくっついていました。

おそらくこれらのおかげで放熱効果が上がっているのだと思います。

LKV375-100
6.png

LKV375
5.png

LKV375-100の天板
7.png

因みに、LKV375とLKV375-100を混在させて使用しても問題ありません。
例えば、送信機をLKV375-100にして受信機をLKV375にしても、ちゃんと動作します。
まぁそういうシチュはあんまり無いとは思いますが、間違えて接続した時に壊れたりする事は無いという安心感があります。

という訳で、伝送可能距離は大した事は無いですが、電源伝送出来るし、動作温度も低いので「LKV375-100」は、お勧めです!
posted by dtmz at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック