2017年05月13日

GV-HDRECのHDMIにライン音声を収録する方法

以前、GV-HDRECをレビューして、なかなかよいデバイスであるという評価をしまして。

「フルHDレコーダー GV-HDRECレビュー」
http://dtmz.seesaa.net/article/448403506.html

GV-HDRECはコンポジット入力から収録する時は、AV IN端子を使ってライン音声も収録出来るのですが、HDMI入力で収録する時は、AV IN端子からのライン音声入力の音は有効になりません。

但し、ヘッドセットヘッドフォンマイク用の入力ジャックが装備されているので、それを使えばマイク入力の音をHDMI収録に入れ込む事が出来ます。

まずは特に何も難しく考えずに、過大入力にならない様に音量を下げめにして、ライン音声をステレオミニジャックで差し込んでみましたが音は収録されませんでした。
念のため、一般的な音量にして、抵抗入りのケーブルで接続してもみましたが同じく音は収録されませんでした。

ところで、ヘッドセットヘッドフォンマイクは4極プラグ仕様になっていて、4極プラグ仕様にはOMTPとCTIAの2種類の規格があって、GV-HDRECはCTIA規格になっています。

普通のステレオ音声のミニジャックとはアサインが結構違うので、正しい信号アサインになる様に、マイクとヘッドフォンに分けるケーブルを買ってライン音を入力して試してみました。

【ヘッドホン+マイク用変換アダプタケーブル KM-A25-005】
http://amzn.to/2pIoZJP

が、それでも音は収録されません。

因みにプラグインパワーのマイクをこの分岐ケーブルを介して接続すると、マイク音は問題無く収録されます。
(プラグインパワーのマイクをGV-HDRECに直接接続しても、音は収録されません

もしかしたらと思い、プラグインパワーのマイクをセルフパワー(電池バッテリー方式)にして接続してみた所、音は収録されませんでした。

使用したマイクはオーディオテクニカのAT9921です。

【モノラルマイクロホン AT9921】
http://amzn.to/2qfEbPW

つまり、GV-HDRECのヘッドセットヘッドフォンマイク用の入力ジャックでは、プラグインパワーマイクを接続してマイク側に電力が供給されない限り、入力された音はミュートされてしまうのです。

これはちょっと頂けない仕様です。

プラグインパワーマイクであっても、今回使ったマイクの様に別途電池によってセルフパワーにして接続するケースは結構ある訳ですから、それで音がミュートされたままになってしまうというのは困ります。

おそらく、何も接続されていないオープン状態になっている時に、ノイズが発生してしまう可能性を恐れてこの様な仕様になっているのだと思いますが、マイク入力レベル設定が出来るのですから、ノイズが入ってしまう場合はそのレベルをゼロにすれば良い訳です。

つまり、プラグインパワーが供給されているという状態を擬似的に作り出せる回路を別途自作すれば良いのですが、ちょっとそこまではしたくありません。

結局、普通の方法ではヘッドセットヘッドフォンマイク端子からはライン音を入れ込む事は出来ないという事を悟ったので、別のアプローチで考えてみる事にしました。

それは、HDMIにエンベデットする方法です。

この場合、元々HDMIに入っている音と排他的な事になってしまいますので、別途外部ミキサー等で音をミックスする環境も必要になりますが、こういった事をやろうと思う人はミキサー位は持っていると思いますので、そこは大きな問題では無いでしょう。

HDMIに音を入れ込むには、エンベデット出来るデバイスを挟めばOKです。

【HDMIオーディオ結合器 CLUX-11CA】
http://amzn.to/2qfXg4l

実際にこのデバイスを使ってやってみたところ、問題無くHDMIにライン音を入れ込む事が出来ました。

が、正直、この為だけに1.2万円位するこの結合器を買うのは避けたいです。

私もこれを実験用や現場での保険用に1個持ってはいますが、HDMI関係で間にデバイスを挟むと現場で相性問題や伝送エラーが発生しやすくなったり、信号伝送の遅延が発生したりするので、あまり挟みたくはありません。

大体、GV-HDRECが1.4万円位で買えるのに、ライン音を入れ込みたいだけで1.2万円も追加投資するのは、普通の人ならナンセンスだと思うでしょう。

アイ・オー・データ機器さんには、プラグインパワー電力を供給していなくてもマイク音が有効になる様にするか、コンポジット収録時に使用するAV IN端子からの音声をHDMI収録時にも入れる機能を付けて欲しいです。
posted by dtmz at 21:21| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。GV-HDRECを購入し同じようにライン入力に頭を悩ませる者です。
自分はCLUX-11CAを購入したのですが,
音は録音できるのに、動画は真っ黒です。
よければGV-HDRECとCLUX-11CAの両方のシステム設定等教えていただけませんか?
Posted by おかりん at 2019年08月05日 18:40
コメントありがとうございます。
接続しているソースは何でしょうか?
音は出ても映像が出ないという事は、
hdcp関係かもしれません。

CLUX-11CAはhdcp対応ですが、1.2迄の対応なので、
それよりも新しいhdcp信号だとダメかもしれません。

また、入力信号が4Kであったり、
珍しい解像度だったりしてもダメかもしれません。
Posted by 管理人 at 2019年08月06日 02:19
返信ありがとうございます。HDCPのことは知ってましたが、バージョンがあったのですね……

接続しているのはIpadPROでPUBGmobileというアプリゲームを利用しています。何通りか試しましたが

@IPAD→CLUX-11CA→映像TV出力可能

AIPAD→GV-HDREC→映像TV出力可能

BIPAD→CLUX-11CA→GV-HDREC→映像TV出力”不”可能

という結果に終わりました……片方ずつなら映像出力ができるのに二つとも合わせるとダメになる理由が分かりません……
Posted by おかりん at 2019年08月07日 18:46
iPad PROからHDMI出力する際に使用しているアダプタは、
「Lightning - Digital AVアダプタ」でしょうか?
Posted by 管理人 at 2019年08月07日 20:09
その通りです。純正の物を使用しております
Posted by おかりん at 2019年08月09日 09:51
「Lightning - Digital AVアダプタ」ですと、最大でも出力解像度はフルHDなので、解像度が原因では無さそうですね。
とりあえず、HDCPが原因である可能性を排除する為に、HDCPを外せるHDMIスプリッタを間に挟むと良いかもしれません。
一応個人的なおすすめは、eSYNiC製のものですね。(4K版は評判悪いので2K版のAmazonで1249円のやつ)

それでもうまくいかない場合は、スケーラーとかスイッチャーとか、本格的な機材を揃えないと駄目なのかもしれません。。。

因みに当方がお仕事でやる時はスケーラー(VC-1-SCやDAC-70やVPC-MX1)を使って接続して、これまでうまくいかなかった事は無いです。
Posted by 管理人 at 2019年08月10日 05:03
ありがとうございます!eSYNiC製のスプリッターで解決しました!!

収録環境の機材がIpadひとつに対してかなり増えてしまいましたが、お陰様で満足のいく動画が録れそうです!本当にありがとうございました!
Posted by おかりん at 2019年08月14日 01:12
無事、キャプチャ出来た様で何よりです。^^
では素敵なキャプチャライフをお過ごしください(笑)
Posted by 管理人 at 2019年08月14日 19:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック