2018年06月02日

HDMI to SDI変換デバイス画質比較レビュー

HDMIとSDIの変換デバイスって、SDI→HDMIだとあまり変換品質に差が無いんだけど、HDMI→SDIだとデバイスによって如実に品質に違いがあるんですよね。

という訳で、私がこれまでに実際に買って使ってみた HDMI→SDI変換デバイスの画質をチェックしてみました。

複雑そうな漢字をテキストエディタで表示させて、キャプチャデバイス(DC-HC3PLUS)+アマレコでスクリーンショットを取りました。
また、SDIに変換したものをHDMIに戻す方のデバイスには、VC-1-SCを使っています。

結果は以下の通りです。
結果が良い感じのものから上から順に並べています。
クリックして等倍サイズでご覧ください)

sc_all.png

上段(AV-5S-BD〜VC-1-SC)は結構綺麗に変換されていて、品質に特に問題は無いと思います。

中段(VPC-HS2EA〜VPC-HS2STD)は若干画質が劣りますが、画質に厳しい現場でなければ許容範囲内だと思います。

下段(VPC-HS2〜中国メーカー品)は大分画質が悪く、内輪で使うぶんにはいいかもしれませんが、プロの業務用として使ってしまうにはお粗末過ぎる品質です。

画質的にはこの様な結果になりましたが、それなら上段のデバイスを選べばいいのかというとそういう訳でもなく。
画質が良くても動作安定性に問題があったりするデバイスはあるので、一概にはお勧め出来ません。

という訳で、私の独断で総合的に評価した結果が以下の通りです。
上からお勧めする順になっています。
(HDMIをSDIに変換するデバイスとして評価したものなので、他の変換機能等があってもそこはあまり評価には加えていません

hikakuh.png


【DAC-70(datavideo)】
https://amzn.to/2rsUZo9

文句なしでお勧めです。
ただ、日本代理店経由で買うとお高い(10万円位)ので、アメリカのamazonで買う(6.2万円位)事を個人的にはお勧めします。もちろん国内代理店保証は受けられませんので、そこは自己責任で。

【VC-1-SC(Roland)】
https://amzn.to/2o5JDDp

画質も良く機能も豊富で、現場でもよく見かけますが、私の経験上、Rolandの映像デバイスは故障が多いです。
私の場合は電源とSDI OUTが壊れました。
大体2年前後位で故障して、修理しようとすると(Rolandの修理は殆ど基板まるごと交換しかしないので)新たに買った方が安い事が多く、憤慨必至です。

【VPC-MX1(MEDIAEDGE,VideoPro)】
http://kakaku.com/item/K0000941027/

値段も手頃で動作も安定していていい感じではあります。
ただ、入力端子がDVIなので、HDMI信号を接続する時は変換アダプタを挟む必要があります。
変換アダプタを挟むと当然そのぶん信号が劣化しますから、接続が長くてシビアな現場だと、映像の寸断が発生する可能性が高いです。
私の場合、使用する時は変換アダプタを使うのではなく、HDMI ←→DVI-Dケーブルを使っています。

因みにDSub信号を接続する時は、DVI-I(A)で接続する事になるのですが、ネゴシエーション処理が微妙みたいで、接続するデバイスによっては挙動が安定しない事があります。
PCのDSub映像信号は問題無い事が多いのですが、タブレットやスマートフォンのDsub出力アダプタ等を接続する際には、問題が発生する事が多いので注意が必要です。
この点については、別途DSub端子が設けられているDAC-70の方が非常に安定しています。

【VPC-HS2EA(MEDIAEDGE,VideoPro)】
http://kakaku.com/item/K0000941031/

若干画質が落ちますが許容範囲内です。
値段も手頃感があります。
バランスオーディオの入力も可能ですが、この機能を使わない人にとっては不要な機能ではあるので何となくモンニョリするかもしれません。
あと、XLR端子が実装されている事もあり、ちょっと筐体が大きめです。

【VPC-HS2(MEDIAEDGE,VideoPro)】
https://www.mediaedge.co.jp/product/vpc-hs2/

これは以前ブログに書いたとおり、接続する信号によっては色変換が階段状になる事があります。

・VideoPro VPC-HS3 VPC-SH3 レビュー
http://dtmz.seesaa.net/article/455106874.html

ただ、そんなにしょっちゅうこの現象が発生する訳ではないので、そんなに気にしなくても良いかもしれません。
因みに既に販売終息していて殆ど売っていません。

【VPC-HS2STD(MEDIAEDGE,VideoPro)】
https://www.mediaedge.co.jp/product/vpc-hs2std/

VPC-HS2のスケーラーが無いバージョンですが、VPC-HS2よりも対応入力解像度が少ないので、HDMIではあまり無い様な解像度の信号が入力された時に、変換してくれない事があります。
ノートPCだと、1366x768や1200x800といった解像度のものが割とあるので、注意が必要です。
また、海外メーカー製のスイッチャーの出力信号を接続した時に、相性問題が発生して変換出来ない事もあります。
因みに、VPC-HS2STDもVPC-HS2と同様に、既に販売終息しているので、今は殆ど売っていません。

【VPC-HS3STD(MEDIAEDGE,VideoPro)】
https://amzn.to/2HharJm

画質は悪いですが値段は安めですし、PCは映像ではなくビデオカメラ映像を変換する用途とかであれば、許容範囲内かもしれません。(私はイヤですが)
あと、VPC-HS2STDと同様に、対応出来る入力解像度が少なめです。

【VPC-HS3(MEDIAEDGE,VideoPro)】
https://amzn.to/2xysT08

VPC-HS3STDと同じく画質が悪いです。
VPC-HS3は以前このブログでお勧めした事があるのですが、今回の画質比較検証で画質が悪い事が発覚したのでアウトです。

・VideoPro VPC-HS3 VPC-SH3 レビュー
http://dtmz.seesaa.net/article/455106874.html

VPC-HS2の後継機という事で、スケーラー機能があるぶん、対応出来る入力解像度信号は多いので、そういった意味では安心感があるかもしれませんが、いずれにせよこの画質の悪さでは業務用途として使う事は(私は)出来ません。

VideoPro(MEDIAEDGE)は、なんでこんなものを後継機として発売してしまったのかと悔やまれます。

【AV-5S-BD(ATV)】
https://amzn.to/2L2I4Si

画質は良いのですが、前日書いたブログ記事の通り、3G出力可能デバイスをHDとしてネゴシエーションしてしまったり、インターレース信号の処理がおかしかったりしているので、これもお勧め出来ません。

・ATV AV-5S-BD 評価レビュー
http://dtmz.seesaa.net/article/459398217.html

こういったデバイスを販売するメーカーさんは、様々なデバイスを接続して十分な品質チェックを行って欲しい所です。

【Mini Converter HDMI to SDI 6G(BlackMagicDesign)】
https://amzn.to/2syQisI

これも、AV-5S-BDの様に3G出力可能デバイスをHDとしてネゴシエーションしてしまう事があります。
また、エンベデットオーディオ信号の処理が甘いみたいで、これを通したエンベデットオーディオ信号は、接続するデバイスの大半で認識されません。
私が持っているデバイスの中で、このデバイスを通したエンベデットオーディオ信号を正常に認識したのはVC-1-SCとAV-5S-BDだけでした。
エンベデットオーディオを使う現場ではアテにしない方が良いでしょう。

【Micro Converter HDMI to SDI(BlackMagicDesign)】
https://amzn.to/2LQTVTO

画質は良いですが静電気などの外来ノイズにめっぽう弱いです。
特に床が絨緞の現場では寸断がよく発生します。
床が板張りやコンクリートむき出し系の現場であれば安定した変換をする事が多いので、そういった場所での固定設置用途であれば、このデバイスでも良いかもしれません。

因みに逆コンバート仕様の「Micro Converter SDI to HDMI」では、USB給電で動作する設計になっているせいで、HDMI側の給電能力が低く、間にリピーター等を挟んで使う事が出来ません。

様々な現場に持ち込んで使うデバイスとしてはお粗末なシロモノです。
まぁBlackMagicDesignの製品は大体こんな感じの「安かろう悪かろう。でも場合によっては使えなくもないかもしれない」的なものが多いですが。

【中国メーカー品】
https://amzn.to/2szQyb7

他にも筐体が見た目違うだけで、中身は同じなのではないかと思えるものが複数出回っています。

画質は最悪で、相性問題も発生しやすく、エンベデットオーディオも認識しない事があります。
「安物買いの銭失い」の代表格ですね。私は過去に買ってしまっている訳ですが・・・。

ただ、BlackMagicDesignのMicro Converterよりも静電気に強いです。「だから何だ」という話ですが。

そんな訳で、現状お勧め出来るデバイスは上の表の中で青いセルにしてあるデバイスという事になります。

現場からは以上です!
posted by dtmz at 21:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも参考にさせていただいております!ちょうどコンバーター購入を考えていて、非常に参考になり、米amazonからDAC-70を購入しました!保証系は割り切って消耗品と考え価格優先での購入でした。
これからも更新たのしみにしております。
Posted by at 2018年06月13日 22:27
コメントありがとうございます。
コンバーター選定のご参考になった様で何よりです。
ブログを書いた甲斐がありますw
因みに私は、米amazonに注文してから、
10日で届きました。
では、今後も当ブログを宜しくお願い致します!
Posted by 管理人 at 2018年06月14日 10:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。