2018年10月28日

アイ・オー・データ GV-HUVC 使用レビュー

※2018.12.13にU-TAP HDMIの場合も追記しました。
この記事の下部をご参照ください)

今回はアイ・オー・データの「GV-HUVC」のレビューをします。

【I-O DATA USB HDMI キャプチャーGV-HUVC】
https://amzn.to/2z5VO9G

io本体.png

これは、HDMI信号をUSB接続でキャプチャ出来るシンプルなデバイスです。
Windows7〜10に実装されているUVC(USB Video Class)という仕組みで動作するので、別途ドライバは必要ありません。
但し、動作保証されているWindowsは全て64bit版のみとなっています。

ウチの場合、普段はデスクトップPCで配信を行い、それをノートPCで監視するという事をしているのですが、万が一現場で配信用のデスクトップPCが故障した場合は、監視用のノートPCで配信をする事になります。
また、屋外や移動しながらの中継を行う場合もノートPCを使用して配信を行います。
ノートPCではPCI-Expressのキャプチャボードは使えませんので、必然的にUSB仕様のキャプチャデバイスを使わなければなりません。

これまで、USBでHDMIキャプチャを行う場合は、AverMedia製品を使う事が多かったのですが、AverMedia製品はHDMI信号との相性問題が発生する事が多く、専用ツールのRECentralも挙動が不安定だったり、不定間隔で音と映像がズレたりする事も多い為、不安がありました。

USB3.0接続仕様のキャプチャデバイスも結構世の中に出ていますが、大半が専用ドライバの動作が不安定なので、業務現場で使うには問題があります。

UVCで動作するデバイスであれば、Webカメラなどと同じ仕組みで動作するので、極めて安定した動作が期待出来ます。
ただ、UVCであってもGV-HUVCはソフトウェアエンコードなので、遅いノートPC等では使えないかもしれません。

公式的には、Core i7-4810MQ以上早いCPUで、GPUエンコード必須となっています。
因みに私が使っているノートPCは、Core i7 7500でGPUがGeForce940MXですが、配信エンコードも録画エンコードもCPUエンコード:x264)で同時に問題なく安定動作しています。
(※720pでやっています。1080pだとGPUエンコードにしないと処理が間に合いません。GPUエンコードは画質がちょっと悪いので、どうしても1080pで配信・録画しなければならない時以外は、720pにしてCPUエンコードで行っています。因みに配信・録画は720pでやっていますが、取り込み認識は1080pでやっています)

UVCなら普通に接続して動作するのはアタリマエの事なので、今回は他社の同等デバイスとして、同じくUVCで動作するAJAの「U-TAP SDI」との比較をしてみます。

【AJA U-TAP SDI USB3.0 キャプチャデバイス】
https://amzn.to/2OWzgD6

本来なら、U-TAP HDMIと比較すべきなのだとは思いますが、所有していないので、今回はU-TAP SDIと比較します。

【AJA U-TAP HDMI USB3.0 キャプチャデバイス】
https://amzn.to/2AujjLr

入力端子仕様が違うだけの事なので、比較対象としては特に問題は無いかと思います。

まずは入力端子に何も接続していない時のキャプチャ映像です。

【U-TAP SDI】
aja_ns.png

【GV-HUVC】
io_ns.png

U-TAP SDIの方はカラーパターンが表示され、GV-HUVCの方はブルーバックで左上に入出力信号の情報が表示されます。
この表示仕様を変更する事は出来ません。
業務に使う事を考えると、何も接続されていない時は、ブラック画面になって欲しいので、この仕様はあまり嬉しくありません。
また、GV-HUVCの方は映像が接続されると3秒位、左上に入出力信号の情報が表示されるので、この仕様もあまり嬉しくありません。
放送中に接続するHDMIデバイスを変える様な場合は、都度このOSD表示が発生してしまうので困ります。

そして設定プロパティの「画像の調整」タブです。

【U-TAP SDI】
aja_cntl1.png

【GV-HUVC】
io_cntl1.png

U-TAP SDIだと1024段階で設定出来ますが、GV-HUVCは256段階になっています。
まぁ256段階でも特に困る事は無いでしょう。

設定プロパティの「出力サイズ」は以下の様に選べる様になっています。

【U-TAP SDI】
aja_cntl2.png

【GV-HUVC】
io_cntl2.png

これに関しては、GV-HUVCの方が選択出来る設定が多めですが、実際の所、640x360,640x480,1280x720,1920x1080があれば十分なので、これについてもどちらを使っても問題は無いでしょう。
但し、GV-HUVCの方はデフォルトが640x480なので、使うツールによっては一旦1920x1080に設定を変更する必要があるかもしれません。

そして最も重要な画質比較です。
デスクトップPCのグラフィックボードのHDMI出力信号を接続しています。
U-TAP SDIの方は、SDIに変換する必要があるのでVPC-MX1を挟んでいます)

【U-TAP SDI】
u-tap_sdi.png

【GV-HUVC】
gv.png

U-TAP SDIの方は大分綺麗ですが、GV-HUVCの方は大分赤いにじみノイズが発生しています。

GV-HUVCの方は赤いにじみ症状だけでなく、細い線だと表示されない事もあります。

例えば、デスクトップにあるTMPGEncのアイコンは以下の様なキャプチャ品質になっていました。

【U-TAP SDI】
aja_icon.png

【GV-HUVC】
io_icon.png

とは言え、私的にはGV-HUVCでも予備やレアケース用に持ち込んでおくデバイスとしてなら、許容範囲内かなと思います。
この程度の劣化なら、スケーラーやスイッチャー等でも発生する事はありますし。

それと、GV-HUVCは仕様的にはYUV422信号(YUY2)のみ対応となっていますが、YUV444信号でもRGB444信号でもキャプチャ出来ます。
ノートPCやPCのグラフィックカードのHDMI出力はデフォルトだと殆どがRGB信号で出力されるので、RGB信号に非対応だとかなりアウトです)

このGV-HUVCの方が画質が悪いという問題ですが、GV-HUVCの手前にスケーラー(ex:VPC-MX1)挟むと何故か解消します。

今回のレビューでは、直結した場合でも間にスケーラーを挟んだ場合でも、GV-HUVCに入力している信号はRGB444にしているのにこの違いが発生するという事は、おそらくRGB444とYUV444とYUV422の認識処理に問題があって、GV-HUVC側が余計なリサンプル処理をしてしまっているのだと思います。

尚、レビューするにあたって今回色々と試してみましたが、どちらのデバイスも使用中に止まったり怪しい挙動に陥ったりする事は一度もありませんでした。
また、映像と音がずれる事もありません。

という訳で、ノートPCで配信を行いたいのであれば、GV-HUVCはお勧めなデバイスだと思います。
サイズも小さいので、移動中継の際にノートPCの液晶の裏にテープで固定して使うと便利ですね。

【I-O DATA USB HDMI キャプチャーGV-HUVC】
https://amzn.to/2z5VO9G

移動中継しないのであれば、値段は高いですが間に何も挟まなくても画質トラブルが無いU-TAP HDMIやU-TAP SDIの方が良いと思います。

【AJA U-TAP HDMI USB3.0 キャプチャデバイス】
https://amzn.to/2AujjLr

【AJA U-TAP SDI USB3.0 キャプチャデバイス】
https://amzn.to/2OWzgD6

因みに、AJA U-TAPは米Amazonだと5,000円位安く買えます(3.9万円位)ので、少しでも安く買いたい人は、米Amazonで買うのが良いかと思います。
もちろんその場合は日本代理店のサポートは受けらませんので、5,000円程度の違いなら私は日本代理店のものを買いますが。
U-TAPは3年保証ですが、GV-HUVCは1年保証です)

ではまた次回!

【2018.12.13追記】
U-TAP HDMIも入手したので、その比較サンプルも追加しておきます。
https://amzn.to/2AujjLr

動作挙動は、殆どU-TAP SDIと同じです。

・入力端子に何も接続していない時のキャプチャ映像
U-TAP SDIと同じくカラーバーが表示されます。色味の違いなども殆ど感じられません。
u-tap_hdmi_1.png

・設定プロパティの「画像の調整」タブ
調整可能なパラメータも調整可能段階数も、U-TAP SDIと同一です。
u-tap_hdmi_2.png

・設定プロパティの「出力サイズ」
選択可能な解像度も、U-TAP SDIと同一です。
u-tap_hdmi_3.png

・画像サンプル
U-TAP SDIよりも若干輝度が落ちて、ややぼやけが増している様に見えますが、この程度なら個人的には誤差の許容範囲内に収まっていると思えます。
u-tap_hdmi.png

他に気がついた点としては、重さの違いです。
U-TAP SDIよりもU-TAP HDMIの方が、30g位軽いです。
流石に、GV-HUVCほどは軽くはありませんが、U-TAP HDMIの軽さならビデオカメラの底面やノートPCの背中にガムテープでつけても落下する事は無い様に思えます。

そんな訳で、業務用途品質を期待するなら、GV-HUVCよりもU-TAPシリーズの方が良いという事でFAですね。
posted by dtmz at 02:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。