2020年03月29日

KanaaN HDMIスプリッター 2020年版レビュー

一部では有名な(笑)LEICKE KanaaNのHDMIスプリッター(Splitter)が新しくなっていたので買ってみました。

kanan2020.png

【KanaaN HDMIスプリッター 1入力2出力 2020年版(Amazon)】
https://amzn.to/2WSsnVS

【公式サイト】
http://www.leicke.eu/ja/products/KN39750

現状、Amazonにて販売されているのは、2019年版と2020年版で、2019年版は10%クーポンが使えますが、2020年版の方は200円位売値が高くてクーポンは使えません。
つまり、2020年版の方が、500円弱位割高です。

2019年版も2020年版も本体デザインは全く一緒で、見た目には見分けがつきません。
Amazonの写真では、2020年版は端子部の枠線が無いものになっていますが、現物はそんな事はありません。2020年版も枠線はあります。

2019年版と2020年版の最も大きな違いは、EDIDネゴシエーションにかかる時間です。

例えば、HDMIケーブルが全て接続してある状態で、ACアダプタを接続した際に、EDIDネゴシエーションが完了して映像が映るまでにかかる時間は・・・

2019年版:6秒〜6.5秒
2020年版:3秒〜3.5秒

という感じなので、2020年版の方が2倍位早いです。

ただまぁ実際の所、業務現場では早々に電源は入れっぱなしにしますし、電源がオンになってから映像が出力されるまでの時間はあまり重要では無い気もします。

その他、HDMI INを抜き差ししたり、HDMI OUTを抜き差ししたりした時に、映像が正常に出力されるまでの時間は、どちらもほぼ一緒でした。

ただ、2019年版は、抜き差しを頻繁にしていると、稀にHDMI信号が出力されなくなる事があり、その場合は電源を入れ直さないと復帰しません。

また、2019年版は、映像が出力され始めた時に、なぜか一瞬(0.5〜1秒位)寸断(ブラックアウト)する事がありましたが、2020年版ではこの不具合は発生しません。

あと、今回購入した2020年版は、付属のACアダプタ(5V 1A)が昔付属していたものよりマシなものになっていました。

kananac.png

1年位前に購入した時は、隣のAC端子が使えなくなる位の大きさがあって、DCケーブルも70cm位しかありませんでしたが、現在付属しているものは、隣のAC端子を塞がない小型のもので、DCケーブルは1.5mありますので使い勝手は悪くは無いです。
Amazonでは、2019年版に新しい方のACアダプタの写真が載っているので、この違いは2019年版と2020年版の違いという訳では無さそうです。

因みに私は付属のACアダプタは使わないで、秋月で売っているACアダプタ(5V 2A DCケーブル155cm)を使っていますが、それと比べると付属品の方がDCケーブルが結構柔らかいので、断線しやすいかもしれません。

【超小型スイッチングACアダプター 5V 2A】
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-01801/

そんな訳で、普通の人がご家庭で使うぶんには、2019年版の方が安くて付属ACアダプタも新しくなっていて、良い買い物なのではないかと思います。
業務現場で使う様な、少しでも安定しいて動作の早いものが良いという場合は、2020年版の方がベターだと思います。

あ、HDCP関連の挙動は、2019年版も2020年版も同じですよ(笑)

ではまた次回!
posted by dtmz at 20:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レビューありがとうございます。
以前(2018頃?)不具合が頻発したロットがあってその後いきなり販売終了になったこともあり気になっておりました。

ちなみに内部のレビューは行ったのでしょうか。
Posted by k at 2020年04月16日 13:57
2020年版の中身までは開いて見てはいないです。
2020年版はEDIDネゴシエーションが早くなりましたが、
eSYNiCのやつも同じ位早くてしかも安いので、、
最近はもっぱらeSYNiC品(2K)を使ってます。
https://amzn.to/2K7WoJE
Posted by 管理人 at 2020年04月16日 19:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。