2020年04月13日

HyperDeck Studio Miniの新ファームウェアレビュー

HyperDeck Studio Mini(以降、HDSMと省略記載)のファームウェアがアップデート(HyperDeck 7.1)されました。

h.png

【公式サイト(英語)】
https://bit.ly/3ee3fPM

【PRONEWS(日本語)】
https://bit.ly/3ed8sr5

アップデートされた内容は・・・

@ インターレースでの記録
A AACオーディオでの記録
B telnet接続操作
C 3時間以上の収録サポート


という感じなのですが、Cの「3時間以上の収録サポート」というのが最も重要で。

何故なら、これまでHDSMはどの様なコーデックで記録していても、必ず1時間33分位で分割記録されていたからです。
その為、約1時間33分以上の収録をした際には、わざわざ何らかの結合ツールを使って結合しなければなりませんでした。

WindowsならTMPGEnc MPEG Smart Renderer 5で結合可能ですが、サイズが大きいという事もあり、この結合作業は実に無駄な時間となっていました。

「3時間以上の収録サポート」となっていますが、実際の所何時間まで記録出来るのか?というのは気になる所です。

また、これまでHDSMは長時間記録する為に使用出来るSDXCカードが非常に限られていました。
具体的には、書き込み速度が、200MByte/s以上のスペックのものしか使えません。

この問題は本当に酷いもので長らくHDSMは「詐欺商品」の様な状態だったのです。

これまで、安定して記録出来るSDXCカードはこんな感じだったのです。

ss1.png

・・・もうね。壊滅的ですよホント。
100歩譲って、ProRes系が駄目ならまだしも、何で圧倒的にビットレートが低いH.264でも書き込み速度エラーになるのか。まじ卍ですよ。

で、今回のファームアップデートでどの様に変わったかを調べてみた結果が以下の通りです。
(1回の記録操作でカードのサイズいっぱいまでエラーを発生しないで安定収録出来るかどうか?)

ss2.png

・・・どうでしょうか。だいぶ(いやかなり)マシになったと思います。
と言うか、これまで詐欺商品レベルだったものが、ようやっと世間の常識的な仕様レベルになったという感じです。

H.264で記録するだけなら、かなり安価なカードでも長時間収録出来ます。

ただ、ProResで記録したりするのであれば、やはりそこそこ早いカードが必要です。
それでも、書き込み速度が120MByte/s以上もあれば最上位のProResHQの安定記録が出来るので、相当マシになっています。

知っての通り、書き込み速度が120MByte/sクラスのSDXCカードと、250MByte/sクラスのSDXCカードとでは値段が3〜7倍以上も違います。

今回のアップデートで、ハイエンドで高価なSDXCカードを使わなくて良くなったので、運用コストが飛躍的にマシになりました。

Blackmagic DesignのCEOが、
「新しい製品を発表するのと同じレベルの機能が追加されます!」
なんてドヤ顔で語っている様ですが、これまでが詐欺商品レベルだったので、この程度のアップデートは当然だと思う次第です。
だいたい発売から既に3年も経っている訳で、正直「遅すぎ!」と思わざるを得ない気持ちが大きいです。

さて、使えるカードの選択肢が広がったという事が分かった所で、次はどれくらい分割されずに1つのファイルとして記録出来るのかを調べてみました。

結果は以下の通りです。

b.png

ビットレートが低めのコーデック(DNxHD 45 QTやH.264)では、4〜5時間位で分割記録されました。
ビットレートが高めのコーデック(DNxHD 145 QTやProRes422以上)でも、多分同じ位の時間で分割されるのだと思いますが、それを調べる為には、512GBや1TBの超高速SDXCカードが必要になるので(そんなに大容量で超高速のものは売ってないので)現状調べる事は出来ません)

これまでは、1時間33分位で分割記録されていたので、これもだいぶマシになりました。というかやっと世間の常識レベルに近づきました。(アイオーデータのGV-HDRECやAVerMediaのER130ならもっと大きなサイズでも必ず1ファイルで記録されます)

さて、オーディオがAACに対応しましたが、ここでバグに遭遇しました。

設定されている状態を見ている画面では「2 Channels(AAC)」と表示されているのに、設定モードに入ると「2 Channels」が設定されている事がありました。

a1.png

a2.png

どうやら、映像の記録コーデックを変更操作したりしていると、オーディオの設定がおかしくなる事がある様です。

この他にも「2 Channels」に設定していたのに(映像の)コーデックを変更すると、勝手に「16 Channels」に設定が変わってしまう事もありました。

そんなバグバグな状態なので、記録コーデックを変更操作した場合には、必ずオーディオの設定も(見た目には正しく設定されている様に見えていても)設定操作をやり直した方が良いと思います。

あと、今回のアップデートを色々試していたら、通常、書き込み処理に問題があった時は、エラー状態(録音ボタンが高速点滅)になりますが、書き込み処理に問題があってもエラー状態にならず、そのまま書き込み時間はカウントアップを続けていて、残り記録時間だけが減っていかない。というこれまた酷い状態に陥った事がありました。
その状態で記録を止めて、SDカードをPCで読み込ませようとしても、最初の方しか記録されていなかったり、ファイルが完全に読めなかったりします。

これまで、こういった致命的なステルスエラーみたいな状態が発生した事は無かったので、これも今回のアップデートで新たに発生しているバグだと思います。

この不具合ですが、「Lexar 1000x」でのみ発生しています。他のカードでは発生していません。
まぁいわゆる相性問題というものだと思います。

何にせよ、現状安心して使うのであれば「Lexar 1000x」以外のカード(SONY SF-E等)を使うのが良いと思います。

【SONY SF-E 公式サイト】
https://www.sony.jp/rec-media/products/SF-E/

【SONY SF-E SDXCカード(Amazon)】
https://amzn.to/2VkrIuc

最後に、AAC対応についてです。
これまでオーディオは、Linear PCM(24bit 48kHz)のみの記録でしたが、記録したファイルをMPC-HCなどのメディアプレイヤーで再生すると「サーッ」というノイズが再生されていました。(動画編集ソフトで読み込んだ際には問題ありません)

新しいファームウェアでも、この不具合は治っていないのですが、オーディオのコーデックを、AACにして収録をすると、MPC-HCでも問題なく音声が再生されます。

因みに、AAC記録は、VBR(平均128kbps 最大576kbps)で行われます。
平均ビットレートが128kbpsなので、やや不満が無くはないですが、バックアップ的な収録用途であれば十分な音質だと思います。単純比較は出来ませんが、AAC 128kbpsは、mp3 160kbps位の音質はあります。

映像の記録サイズと比較したら、音声のサイズなんて僅かですから、よほど容量を切り詰めたいという時以外は、これまで通り、Linear PCMで記録すれば良い気がします。

そんな訳で、相変わらず使うのに妙なコツというか、無駄に配慮が必要なデバイスではありますが、それでも今回のアップデートで良くなった(マシになった)部分は大きいと思います。

【HyperDeck Studio Mini(Amazon)】
https://amzn.to/34s82IZ

そんな訳でまた次回!
posted by dtmz at 03:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。